施設・機器紹介

御池眼科 池田クリニックでは、緑内障の検査や治療のために最先端の機器を多数取り揃えています。ここではその一部をご紹介します。

高度眼機能検査およびレーザー治療室

測定治療室眼底検査機器として 光干渉断層計(OCT)3台+眼底カメラ1台を設置

1. RS-3000 Advance
2. 3D OCT-2000シリーズ
3. スウェプトソースOCT DRI OCT Triton
4. 無散瞳眼底カメラ

 

写真をクリックするとその詳細が表示されます。

RS-3000 Advance
1. RS-3000 Advance

3D OCT-2000シリーズ
2. 3D OCT-2000シリーズ

スウェプトソースOCT DRI OCT Triton
3. スウェプトソースOCT DRI OCT Triton

屈折度測定装置
屈折度測定装置

角膜曲率半径測定装置
角膜曲率半径測定装置

調節機能測定付オートレフケラトメータ
調節機能測定付オートレフケラトメータ

角膜内皮細胞測定
角膜内皮細胞測定

角膜前眼部形状解析装置
角膜前眼部形状解析装置

GP(動的量的視野検査計)
ゴールドマン視野計

ハンフリー視野計
ハンフリー視野計 2台

無散瞳眼底カメラ/超音波生体顕微鏡
右:YAGレーザ兼SLTレーザー
左:マルチカラレーザー

OCT(光干渉断層計)
OCT(光干渉断層計)[手前]、
無散瞳眼底カメラ[奥]

エキシマレーザ
エキシマレーザ

UBM(超音波生体顕微鏡)
UBM(超音波生体顕微鏡)

 

ゴールドマン視野検査の特徴(動的量的視野検査)



  1. 高齢者、小児、視力不良例でも測定可。
  2. 視野の全体を捉えることができます。
  3. 検査時間は片眼平均10分~20分

 

 

OCT画像

1. スウェプトソースOCT DRI OCT Triton
  • 硝子体から脈絡膜まで鮮明に描写。
  • 究極のオールインワン、眼底カメラと融合した業界唯一 *のSwept Source OCT 。

 

2. 3D OCT-2000
  • CT+カラー眼底カメラを1台に集約した特長に加え、さらに FA、FAF 撮影も可能です。


 

3. RS-3000 Advance
  • 固視時間が比較的短いため患者さんの負担が少ないですです。
  • 固視追尾機能付きで患者さんの負担軽減します。
  • 長眼軸長モードが搭載されています。
  • フォローアップ撮影、解析に対応し、過去の結果を詳細に経時的に観察できます。

 

視力検査室

視力測定室自動視野検査は5台設置

1. ハンフリー800(フォーラムソフト導入)
2.3. ハンフリー7502台
4. オクトパス900
5. オクトパス600

 

写真をクリックするとその詳細が表示されます。

ハンフリー静的自動視野計
1~3. ハンフリー静的自動視野計
オクトパス900 静的自動視野計
4. オクトパス900 静的自動視野計
オクトパス600 静的自動視野計
5. オクトパス600 静的自動視野計

 

静的量的視野検査結果

オクトパス600視野検査パルサー測定
オクトパス600視野検査パルサー測定

ハンフリー視野検査30-2測定
ハンフリー視野検査30-2測定

 

①~③ハンフリー自動視野検査

  • 主に中心部の視野(中心30°以内)を詳しく知ることができます(検査時間:片眼平均8分)
  • 世界的にZeiss社のハンフリー視野計が一番普及しているため、他院での過去の検査と比較がしやすいですです。
  • Forumのシステム導入により集中管理でき、迅速に各患者のデーターにアクセスすることができ、また過去のデーターも一括管理できます。

 

④オクトパス900視野検査

  1. オクトパスは緑内障で早期に異常が出やすいです網膜神経線維走行に沿った点が測定ポイントとなっている。
  2. オクトパス900の中心30°の検査時間は片眼平均6分と短く、患者さんの負担が少ないです。
  3. 固視監視カメラが搭載されていて、固視不良になると検査が中断するため、信頼性が得られやすいです。

 

⑤オクトパス600視野検査

  1. オクトパス600には早期緑内障の検出に優れたPulsar視野測定プログラムが搭載されています。
  2. Pulsar視野測定とは視標が波紋状(渦巻き)に広がるタイプの検査で測定点は59点。
  3. 片眼の検査時間が平均3分~4分と短く、患者さんにとって比較的楽に検査ができます。

来院ご予約

医療法人社団真医会 御池眼科 池田クリニック
京都市中京区河原町通り御池下ル下丸屋町397
Y・J・Kビル4階
TEL:075-255-1278



ゴールドマン視野計

お椀状の装置の上を光点が移動し、視野を測っていきます。緑内障の他、視神経疾患、頭の中の病気などによる視野の異常がないか調べることができます。視野全体の形状を知ることができます。
ハンフリー視野計

お椀状の装置の上を光点が移動し、視野を測っていきます。緑内障の他、視神経疾患、頭の中の病気などによる視野の異常がないか調べることができます。ゴールドマン視野計と比べて、視野の中心を詳細に調べることができます。
YAGレーザ兼SLTレーザー

マルチカラーレーザー


白内障手術後に水晶体の袋が濁る後発白内障(YAG)や緑内障の急性発作の解除(マルチカラー+YAG)や通常の緑内障の眼圧を下げる治療(SLT)を行います。
エキシマレーザ

PTK(治療的角膜表層切除術):角膜ジストロフィー
OCT(光干渉断層計)

眼底に弱い赤外線を当て、反射して戻ってきた波を解析して、網膜の断層を描き出すことができます。視神経線維の状態を調べることで、緑内障の進行度を調べることができます。



無散瞳眼底カメラ

眼底カメラで、眼底を散瞳剤を使わずに撮影することができ、緑内障や網膜疾患等を診断します。
UBM(超音波生体顕微鏡)

超音波を使って前眼部の断面の観察ができます。ほかの機器では観察しにくい毛様体の観察が可能です。特に角膜混濁などがある場合などの前房内の透見性の悪い症例において大きな威力を発揮します。
前眼部形状解析装置[中央]
非接触眼圧計[手前]



オートレフケラト/トノメーター[奥]
スペキュラーマイクロスコープ
1~3. ハンフリー静的自動視野計
4. オクトパス900 静的自動視野計
5. オクトパス600 静的自動視野計
1. RS-3000 Advance
水平12mmスキャンに対応し、黄斑から乳頭までの硝子体/網膜/脈絡膜を精細に観察しますことが可能です。 長眼軸長モード搭載。
固視追尾機能付きで患者さんの負担軽減します。
フォローアップ撮影、解析に対応し、経時的変化を詳細に観察。
2. 3D OCT-2000シリーズ
OCT+カラー眼底カメラを1台に集約した特長があります。
3. スウェプトソースOCT DRI OCT Triton
硝子体から脈絡膜まで鮮明に描写。 次世代の OCT:Swept Source テクノロジー。
究極のオールインワン、眼底カメラと融合した業界唯一 *のSwept Source OCT 。
屈折度測定装置
角膜曲率半径測定装置
調節機能測定付オートレフケラトメータ
【オートレフケラトメータARK-1
DVD従事者、疲れ目を訴える方】
角膜内皮細胞測定
角膜の一番内側の内皮細胞の数や、大きさ、形を調べる検査です。 内皮細胞とは・・・ 角膜は表面から上皮細胞、ボーマン膜、実質、デスメ膜、内皮細胞の5層で形成されています。 内皮細胞は、角膜の透明度を保つという、とても重要な役割を果たしていて、この細胞は、分裂をしないため、一度数が減ると増えることはない。
角膜前眼部形状解析装置
角膜前眼部の表面に同心円をたくさん反射させてその反射像を撮影し、角膜のわずかな歪み、 へこみを発見します装置